合気道

2006年05月27日

全日本演武大会(日本武道館)

演武ことしも全日本演武大会に参加しました。
毎年蒸し暑くて大変なのですが、今回は霧雨模様で
多少は涼しい気候。たすかります。

朋清会は、等々力道場をはじめとして
白井道場、沼南合気会、戸塚合気道教室、
また交流のある東京農工大の学生さんたちも
含めての参加。

等々力道場は、例年第一部の師範演武のすぐあとなので
12時40分頃にはもう出場です。


合気道をなさっておいでの内田樹先生も
毎年参加のようです。

内田樹の研究室
今年も来ました九段坂


笠井潔「哲学者の密室」をきっかけに読み始めた
レヴィナス入門書。
いつまでたってもその入門書から抜け出せません・・・トホホ。

written by ootsukahoumu at 19:49|この記事のURLTrackBack(0)

2006年04月21日

甲野善紀さん(武道家)

先日、三軒茶屋のキャロットタワーで
行政書士会世田谷支部の年次総会が
開催されました。

総会終了後、タワーを下っていると
なんと甲野善紀さんが歩いています!

ナマ甲野ははじめてで感激(笑)
すれ違ったあと、そのまま後姿をしばし観察。

竹刀袋を担いで若いお弟子さん(?)と
歩いています。

で、足元はあの有名な1歯下駄ではなくて
2歯下駄。
でも、高下駄です。たぶん20センチは高さが
ありそうです。

全体の雰囲気としては、
特段変わったところはなくて
ちょっと肩透かしでした。

手の振り方や身のこなしが
見たかったのですが、
荷物を担いでいたし残念。。。

この場で後ろから甲野さんを襲ったら
どういう受身を取られるかなあー、と
見送りながら
しばし考えてしまいました!


松聲館
http://www.shouseikan.com/index.html

written by ootsukahoumu at 05:46|この記事のURLTrackBack(0)

2006年02月12日

日本古武道演武大会(九段:日本武道館)

ab







cd







第29回日本古武道演武大会が武道館で開催されたので
初めて見に行ってきました。

砲術から剣術柔術抜刀術槍術弓馬術薙刀術・・・
都合35流派が演武を行いました。

合気術としては大東流合気柔術の名前を見ることができました。

開場時間ではさほどの人出はなかったのですが、時間を追うごとに
観客が増えてきて合気会主催の全日本演武大会ほどの盛況ぶりでした。


最初は関流砲術。武道館で初めて見ましたが、
消火器部隊が脇に控えつつ空砲をどっかーんと発射。
アリーナが硝煙で真っ白に・・・
筒先方向にあたる観客席の一区画を整理して空席にするなど、
相当の配慮のうえでの演武です。

弓馬術の小笠原流では、木馬に騎乗して回転させながら3矢連射。
所作、姿があまりに美しくてつい涙が出そうになりました・・・


来年の演武大会は熊本で開催されるようです。


written by ootsukahoumu at 14:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年12月08日

合気道朋清会講習会

先月合気道朋清会関係各道場から50名以上の参加者を得て
合同稽古(講習会)が東京世田谷区内の体育館で行われました。
この講習会は年3回、東京をはじめ千葉や神奈川を会場にして行われています。

師範の指導による講習会とともに、弐段位以上の審査も行われました。


ところで、合気道朋清会の新しいサイトが立ち上がりました。

合気道 朋清会

合気道等々力道場は世田谷区にありますが、場所柄目黒区、川崎市、品川区、
大田区などに在住のかたも通っていらっしゃいます。


講習会1講習会2
written by ootsukahoumu at 05:25|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年12月05日

合気道の礼法について

合気道の礼法について面白いブログ記事がありましたので
備忘録的に。

合気道・居合道雑記帳


私は柔道経験者なのでてっきり合気道も

左坐右起」(左足を引いて座り、立つ時は右足から)

でいいのかと思っていましたが、そうでもないみたいです。


植芝盛平開祖は大本教(おおもときょう)との繋がりが強いので
神道の流儀に則ったほうがあるいは正しいのかもしれません。
だとすれば柔道とは逆の「左起右坐」ということになります。


下記のサイトを見ると柔道での礼法も変遷があるのでなかなか興味深いところです。

SportsClick 柔道「第24回:柔道の作法はなぜ左足からなの?」


追記:(05.12.5)
植芝吉祥丸・植芝守央(著)「規範 合気道 基本編」(H9改訂版)24頁以下の
写真解説では、「左起右坐」となっています。

規範 合気道 基本編

written by ootsukahoumu at 05:47|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)

2005年10月09日

富木流合気道

4月から開催されている2005年度明治大学法科大学院公開講座ジャスラック寄附講座も後期に入りました。
先日は小学館キャラクター事業センター長の久保さんによるアニメ・キャラクター産業についてのお話。著作権についてのカタイ内容ではなく、映像も盛り込まれた楽しめる講義。

アニメのデジタルハイビジョン化によって制作費が30%アップになるが、制作費が増額するわけではないからどこにしわ寄せがくるか対策が急務という現状分析論から「ヒットするキャラクターの見極め方」という編集者らしい視点の話まで内容はいろいろ。

ところで、この講座の受付係のひとりは院のゼミの後輩です。彼は修士2年ですから今の時期は修論作成で大変。
もともと彼は早稲田大学の出身です。しかも合気道部。早稲田の合気道というと試合がある富木流合気道

武道についての書籍はかなり読んでいるつもりですが、その中でもイチオシなのが富木謙治先生の「武道論」(1991 大修館書店)。
本書には武道の現代的意義、武道とスポーツの関係、体育としての武道、柔道の分析、そして競技合気道の創造、と示唆に富む論説が盛り込まれています。


修論作成がひと段落したら慰労会でもして後輩ともっとその辺の話をしてみたいと思っています。


明治大学法科大学院2005年度寄附講座


武道論

written by ootsukahoumu at 08:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月03日

世田谷区合気道道場 等々力道場の紹介(東京都世田谷区)

道場わたくしの所属している財団法人合気会 朋清会等々力道場をご紹介したいと思います。

場所 東京都世田谷区等々力2-33-9

交通 東急大井町線 等々力駅徒歩1分

稽古時間
火・木   朝7:00〜 8:00
      夜7:00〜 8:00

木     昼2:00〜 3:00

土     夜7:00〜 8:00

日     朝8:30〜10:00
      夜6:00〜 7:00


火曜と木曜には小学生までの子供クラスもあります(各クラス月4回)。

(年少) 午後4:00〜5:00
(年長) 午後5:00〜6:00


子供から80歳を越える方、もちろん女性も朋清会代表師範のご指導の下、基本技の鍛錬を日々重ねています。
等々力道場は35年の歴史を持ち、また植芝道主を名誉師範に戴きさらに道場長が合気会監事を務めるなど大変由緒ある道場です。

駅から至便であること、また出社前に稽古が出来るのでとても人気があります。


合気道は身体を左右対称に動かす、また円運動を理想とするので武道の中では身体バランス保持・調整には一番良い身体操縦法ではないでしょうか。
生涯にわたって稽古を続けることができる武道であるということは、年長の諸先輩方の稽古をみていると良く分かります。

合気道は武道ですし稽古事ですから激しい・きびしい一面もありますが、稽古に対する取り組み方は人それぞれ。
みなさん体調に合わせてのんびり、ゆったり和気藹々と稽古されておいでです。

興味をお持ちの方は一度道場に見学に来られてみてはいかがでしょうか。


費用などお問い合わせは、以下の道場サイトにあります電話番号へお願い致します。

朋清会等々力道場

財団法人合気会

世田谷区等々力商店街振興組合 等々力ネット

written by ootsukahoumu at 07:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)