Tweet

2009年12月14日

新刊案内 椙山敬士「著作権論」(日本評論社)

弁護士椙山敬士先生の論文集となる「著作権論」(2009年12月20日刊行)は、2002年から2008年にかけて発表された椙山先生の講演録や論文(8件 書き下ろし2箇所)を収録したものとなります。

【目次】

第1部 現行著作権法の主要課題――リフォーム論
第2部 保護範囲論
 第1章 翻案の構造
 第2章 フェアユース
 第3章 考慮すべき要素
第3部 知的財産権のアポリア
 第1章 データベースに関連する判例の分析
 第2章 知的財産権の共有
 第3章 生成中の権利
終 章 知的財産権の転換期


著作権論
著作権論
クチコミを見る


ところで、椙山敬士先生を講師に迎えてのJASRAC連続公開寄付講座が今週開催されるので、聴講してきたいと思っています。

2009年度早稲田大学 JASRAC連続公開寄付講座
主催: 早稲田大学大学院法務研究科・法務教育研究センター
共催: 早稲田大学グローバルCOE
知的財産法制研究センター(RCLIP)

第6回12月19日(土)「フェアユース規定を巡る課題と展望」
13:00〜14:30
司会: 平嶋竜太(筑波大学大学院ビジネス科学研究科准教授)
講師: 椙山敬士(弁護士)

JASRAC連続公開寄付講座『著作権侵害をめぐる喫緊の検討課題』

written by ootsukahoumu at 07:35│TrackBack(0)著作権文献 

トラックバックURL