Tweet

2009年10月31日

新刊案内 島並良、上野達弘、横山久芳「著作権法入門」(有斐閣)

2009年10月30日刊行の本書は、島並良、上野達弘、横山久芳の各先生執筆による著作権法の入門書。 本文全282頁。判例は駒込大観音仏頭部原状回復事件(東京地裁平成21.5.28)まで触れられています。
豊富な判例掲載、コンパクトな厚みでお勧めの一冊です。


著作権法入門
著作権法入門
クチコミを見る


ちなみに、島並先生は、ツイッターをされておいでです。
http://twitter.com/shimanamiryo

島並先生のブログはこちらです。
六甲山麓日記
著作権法入門

目次有斐閣サイトより

第1章 著作権法への招待
 第1節 はじめに
 第2節 著作権の正当化根拠と特徴
 第3節 全体の見取り図
第2章 著作物
 第1節 著作物性
 第2節 著作物の種類
 第3節 権利の目的とならない著作物
第3章 著作者
 第1節 総論
 第2節 創作者主義の原則
 第3節 創作者主義の修正
第4章 著作者人格権
 第1節 総論
 第2節 著作者人格権
 第3節 みなし著作者人格権侵害
 第4節 著作者が存しなくなった後における人格的利益保護
第5章 著作権
 第1節 著作権の発生と効力
 第2節 法定利用行為
 第3節 権利制限
 第4節 保護期間
第6章 著作隣接権
 第1節 総論
 第2節 実演家の権利
 第3節 レコード製作者の権利
 第4節 放送事業者の権利
 第5節 有線放送事業者の権利
第7章 権利の活用
 第1節 活用の類型
 第2節 権利者が複数人の場合
第8章 権利侵害
 第1節 権利侵害の要件
 第2節 民事救済
 第3節 刑事罰
written by ootsukahoumu at 09:35│TrackBack(0)著作権文献 

トラックバックURL