Tweet

2009年05月16日

「アルゼ王国の闇」出版営業誹謗事件−不正競争防止法 損害賠償請求事件判決(知的財産裁判例集)−

最高裁判所HP 知的財産裁判例集より

「アルゼ王国の闇」出版営業誹謗事件

東京地裁平成21.4.27平成19(ワ)19202損害賠償請求事件PDF

東京地方裁判所民事第29部
裁判長裁判官 清水節
裁判官      坂本三郎
裁判官      國分隆文

*裁判所サイト公表 09/5/11

   --------------------

■事案

書籍の出版・頒布による虚偽告知共同不法行為性が争われた事案

原告:パチスロ遊技機製造販売会社
被告:パチスロ遊技機製造販売会社ら

   --------------------

■結論

請求棄却

   --------------------

■争点

条文 不正競争防止法2条1項14号、民法719条、724条

1 不法行為の個数
2 被告らと出版社による共同不法行為の成否
3 消滅時効の成否

   --------------------

■判決内容

<経緯>

H15.4.10 本件書籍1出版、頒布
H15.9.10 本件書籍2出版、頒布
H16.3.1  本件書籍3出版、頒布
H17.3.25 本件書籍4出版、頒布
H18.1.16 原告らが出版社に名誉毀損損害賠償請求(一部認容)
H18.7.4  出版社代表取締役兼編集長E名誉毀損刑事事件(有罪確定)
H18.9.13  名誉毀損損害賠償請求事件控訴審
H19.2.2  名誉毀損損害賠償請求事件上告棄却、確定


本件各書籍

本件書籍1「アルゼ王国の闇 巨大アミューズメント業界の裏側」
本件書籍2「アルゼ王国はスキャンダルの総合商社 続アルゼ王国の闇」
本件書籍3「アルゼ王国の崩壊 アルゼ王国の闇3」
本件書籍4「アルゼ王国地獄への道 アルゼ王国の闇4」

   ----------------------------------------

<争点>

1 不法行為の個数

原告の営業上の信用を害する虚偽の事実を記載した4点の書籍の出版、頒布行為について、原告は、本件各書籍の出版頒布行為は一連の行為であって包括して1個の不法行為が成立すると主張していました。

しかし、裁判所は、本件各書籍が当初から一連の出版を意図して出版されたものではないとして、当該書籍の具体的内容に即して個別に不法行為の成否が検討されるべきものと判断しています(34頁以下)。

   ----------------------------------------

2 被告らと出版社による共同不法行為の成否

原告は、本件各書籍の出版頒布行為が被告らと出版社による不正競争防止法違反の共同不法行為が成立すると主張しました。

この点、出版社は原告と競争関係にないことから出版社に不正競争防止法違反が成立せず、こうした場合にも被告らと出版社による不正競争防止法違反の共同不法行為が成立するかどうかが争点となりました(36頁以下)。

裁判所は、まず出版行為について、被告らの取材対応や書籍買取り合意などは自ら出版行為を行ったと評価することはできず、出版社の出版行為を幇助したにすぎないと判断。
そのうえで出版社の出版行為は不正競争防止法違反の出版行為とされないことから共同不法行為の成立要件を満たさないとして、被告らの不正競争防止法違反の共同不法行為の成立を否定しています。

つぎに、書籍を全国のパチンコ店等に頒布した行為について、被告ら及び出版社が共同して行ったものと一部について認められています(37頁以下)。
しかし、出版行為での判断と同様、出版社の行為が不正競争防止法違反とならないことから、裁判所は頒布行為についても不正競争防止法違反の共同不法行為の成立を否定しています。

結論として、被告らと出版社による不正競争防止法違反の共同不法行為は否定されました。

   ----------------------------------------

3 消滅時効の成否

なお、本件書籍1ないし3の出版頒布行為に基づく被告SNKに対する損害賠償請求権は、被告SNKの時効の援用によって消滅時効により消滅したと認められています(民法724条 39頁以下)。

   --------------------

■コメント

原告は、被告ら単独の不正競争防止法違反や被告らと出版社による信用毀損の民法上の不法行為(民法710条)を根拠とした共同不法行為を争点としていませんでした。

共同不法行為(民法719条)の成立要件としては、「共同行為者各自の行為が客観的に関連し共同して違法に損害を加えた場合において、各自の行為がそれぞれ独立に不法行為の要件を備える」(最判昭和43.4.23昭和39(オ)902損害賠償請求事件)必要があります。
共同行為者である出版社も原告と「競争関係」にある事業者(不正競争防止法2条1項14号)である必要があるとすると、出版社はパチスロ遊技製造販売事業とは関係がなく競争関係には立たないことから、出版社の出版頒布行為に不正競争行為性が認められない以上、被告らには出版社との共同行為者もしくは教唆者・幇助者として不正競争防止法上の不正競争行為の共同不法行為性は認められない結果となります。

   --------------------

■参考文献

不正競争防止法2条1項14号の損害について、

寒河江孝允(監)永野周志・矢野敏樹(編)『知的財産権訴訟における損害賠償額算定の実務』(2008)107頁以下

   --------------------

■参考サイト

アルゼ株式会社 公式サイト
2007.07.27 訴訟提起のお知らせ[PDF:101KB]
2006.09.14 「アルゼ王国はスキャンダルの総合商社−続・アルゼ王国の闇」出版に係る鹿砦社等に対する名誉毀損等による損害賠償請求事件控訴審判決の件[PDF:93KB]
株式会社鹿砦社
トピックス
ウィキペディア
鹿砦社 - Wikipedia

written by ootsukahoumu at 12:51│TrackBack(0)知財判決速報2009 

トラックバックURL