Tweet

2009年04月21日

新刊案内 松村信夫、三山峻司「著作権法要説 ― 実務と理論」(世界思想社)

著作権法の概説書(大学、法科大学院教育向け)となる松村信夫、三山峻司両先生執筆による2009年4月26日刊行の本書(世界思想社)は、本文389ページ、ロクラク2事件控訴審(知財高裁平成21.1.27判決)までカバーされています。
本書の特色としては、二色刷を採用、条文と判例の部分が青色となっていて条文などの一覧性に優れている点が挙げられます。
なお、巻末には、33件の事案にかかわる図版や写真が掲載されています。

世界思想社|著作権法要説 ― 実務と理論

著作権法要説―実務と理論―amazon

written by ootsukahoumu at 14:28│TrackBack(0)著作権文献 

トラックバックURL