Tweet

2006年07月22日

アフィリエイト&ドロップシッピング見本市(青山TEPIAプラザ)

取引のある沖縄のインディーズCD、DVDプレス業者(CD屋.COM
のかたの勧めで22日に北青山TEPIAプラザ(秩父宮ラグビー場そば)で開催された
アフィリエイト&ドロップシッピング見本市に行ってきました。


アフィリエイト」プログラムについては、
私自身ブログを利用していることもあって
データの貼り付けだけでかんたんに物販の窓口を
作ることができて手数料を得ることができる
このプログラムを知ってはいましたが、
ドロップシッピング」というコトバについては
今回初め聞くものでした。

同日開催のセミナーでの木村社長(見本市主催者)の話では、
アフィリエイトが「商売の『練習』」だとすると、
ドロップシッピングでこそネット上での「本当の商売」が
できるということ。

つまり、従来のEC(イーコマース:インターネットを利用した通信販売)での
アフィリエイトプログラムでは小売する側である
アフィリエイター側に価格決定権はなかったのですが、
ドロップシッピングシステムではアフィリエイター側に
価格決定権がある。

また、従来は商売を始めるにあたっては初期費用がかかっていたが
ドロップシッピングのプログラムを利用する限り
そのハードルが低くなり、「商売のセンス」さえあれば
だれでも「商売」ができるという環境が整備される。


国内ではようやくこのシステム(電脳卸ドロップシッピング)が
来月下旬に立ち上がろうとしています。


EC2.0、Web2.0とかいわれるネットビジネスの新たな流れ。
既存のネットショップがこうした流れにどう対応するのか、
いずれにしてもECでの変革のスピード感と
可能性(未知数ですが・・・)を感じた一日でした。


アフィリエイト&ドロップシッピング見本市ブログ

アフィリエイト&ドロップシッピング見本市


電脳卸(アフィリエイト、ドロップシッピング)

電脳卸

75






1
written by ootsukahoumu at 23:52│TrackBack(1)あれこれ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 電脳卸「アフィリエイト&ドロップシッピング見本市」(1)  [ WADA-blog(わだぶろぐ) ]   2006年07月23日 00:36
電脳卸のアフィリエイト&ドロップシッピング見本市『d1.a9.ex』に参加してきた。参加者いっぱいで大盛況、ブースの卸会