Tweet

2006年04月07日

「江戸庶民風俗図絵模写」事件〜著作権侵害差止等請求事件判決(知的財産裁判例集)〜

裁判所HP 知的財産裁判例集より

東京地方裁判所 平成18.3.23平成17(ワ)10790 著作権侵害差止等請求事件 著作権 民事訴訟PDF

東京地方裁判所民事第46部
裁判長裁判官 設樂隆一
裁判官    鈴木千帆
裁判官    荒井章光



■参考裁判例

★新橋玉木屋事件
東京地裁 平成11.9.28平成10(ワ)14180 著作権侵害差止等請求事件

 同一原告による別の被告、別の図絵の著作物性が争われた事案


■事案

江戸時代に制作された風俗図絵の模写の
著作物性をめぐって争われた事案。



■結論

請求一部認容(原告作家側一部勝訴)



■争点

条文 著作権法第2条1項1号、11号、21条、114条3項

1 模写の著作物性
2 書籍の販売差止の要否
3 損害額の算定



■判決内容

1 模写の著作物性

模写作品の著作物性(二次的著作物性)の
一般論について判例は、

既存の著作物である原画に依拠し,かつ,その表現上の本質的特徴の同一性を維持しつつ,その具体的表現に修正,増減,変更等を加えて,新たに思想又は感情を創作的に表現することにより,これに接する者が原画の表現上の本質的特徴を直接感得することができると同時に新たに別な創作的表現を感得し得ると評価することができる場合には,これは上記の意味の「模写」を超えるものであり,その模写作品は原画の二次的著作物として著作物性を有するものと解すべきである。』(25頁以下)

と判示。内容としては翻案についての
江差追分事件判決(最判H13.6.28 平11(受)922 損害賠償等請求事件)の
判断を踏襲。

そのうえで、本件で問題となった原告制作の
4点の絵画について、
2点については、原画とは主題が変更されていて
特徴的な表現部分が変更されていることから
原告によって創作的表現が付与されているとして、
著作物性(二次的著作物性)を肯定。

あとの2点については、原画と比較して
大きな差異が認められない
(浮世絵と筆書きの違いの程度)として
著作物性が否定されました。


2 書籍の販売差止の要否

2点の作品の複製権侵害を肯定したうえで
被告書籍の販売差止の必要性を認めました。
ただし、在庫の廃棄については
本一冊全部の廃棄は認めませんでした。(37頁)


3 損害額の算定

原告は日ごろから
無断使用の場合のペナルティとして
通常使用料の3倍額を請求する対応を
とっていました。

これに対して
裁判所は、通常使用料の2倍額を損害額として
認定しました(114条3項)。(38頁)



■コメント

新橋玉木屋事件判決から7年余り、
改めて新橋玉木屋事件判決を読んでみると
最近の知財判決の内容・論証が
厚くなっていることに気が付かされます。

新橋玉木屋事件判決では
模写作品の著作物性について
「機械的模写」でなければ創作性が認められる、と
やや甘い判断を示していました。

なお、
新橋玉木屋事件判決は、
創作性の判断のケースとして
取上げられますが
(大瀬戸豪志「模写の著作物性ー新橋玉木屋事件」
  『著作権判例百選第三版』(2001)20頁以下、
 岩坪哲「江戸時代の原画を参考に制作された絵画の著作権侵害」
  『村林楼貔萓幻典記念 判例著作権法』(2001)67頁以下、
 大寄麻代「著作物性」牧野利秋・飯村敏明編
  『新・裁判実務大系 著作権関係訴訟法』(2004)134頁以下)、

依拠性」要件の問題についての
リーディングケースとしても
取上げられています
(田村善之「著作権法概説第二版」(2001)51頁)。



今回の事案ですが、
交渉の過程での対応のまずさもあって
慰謝料1000万円というカタチでの請求が
立ってしまっています。

被告出版社にも言い分はあるのでしょうが
代理人弁護士を9人も連ねての訴訟。

当初交渉にあたった被告側常務が
頭を下げてその場で決済すれば済む話では
なかったのか。
暗澹たる思いです。


■追記(06.5.17)

日本ビーンズ(株)訴訟

日経ネット記事によると、原告は豆腐製造販売会社の豆腐製品
パッケージに模写作品が無断使用されたとして提訴。
06年5月11日判決。
結論としては、模写作品「豆腐屋」(「定本江戸商売図絵」所収)について
設楽裁判長(東京地裁)は作品の二次的著作物性
認めなかったようです。

日本ビーンズ株式会社


■追記(06.9.27)

控訴審判決が出ました。

知財高裁平成18年09月26日平成18(ネ)10037著作権侵害差止等請求控訴・同附帯控訴事件PDF

written by ootsukahoumu at 08:22│TrackBack(0)知財判決速報2006 

トラックバックURL