Tweet

2005年12月29日

酒粕(板酒粕)

酒粕先日にごり酒を贈ってくれた知人が同じ酒造メーカー製造の酒粕を贈ってくれました。

なんと、2キロもあるのでどうしたものかと・・・

早速ネットで調理方法を調べてみるといろいろあります。


熊沢栄利子HP〈えりこさんのスペシャルレシピ〉自分で作る「粕漬け」

寺田本家 酒粕料理

デジスタイル京都 酒粕特集



定番の甘酒、粕汁をはじめとして
鮭・タラ・野菜の粕漬け、
豚肉の味噌粕煮、酒粕グラタン・・・


うちでもまずは粕汁を作ってみました。
白味噌を買ってきて根菜をたくさん入れて
できあがり。
ちょっと薄めのあじつけでしたが
マイルドでとても上品な汁物となりました。

次に作ったのはタラの粕漬け。
レシピには数日漬け込むとあったのですが
5時間ほどであげてみました。
さすがに浅すぎましたが、それでも
ほのかな酒粕の風味がいい感じで
美味しくいただくことができました。

贈ってくれた知人からは
酒のつまみに酒粕を軽くアブって
そのまま食べるのもいい、
ということでしたので今度やってみたいと
思います。



日本酒、酒粕ならこちら↓

三千櫻酒造(岐阜県中津川市)

written by ootsukahoumu at 20:18│Comments(0)TrackBack(0)あれこれ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔