Tweet

2005年12月10日

ジャスラック使用料規程変更申請へ

ジャスラックを考える」2005年12月10日記事より。

現行の規程より分かりやすいものになりそうです。


ジャスラックを考える

ジャスラック「使用料規程の一部変更について」


【変更点の概要】

1「第5節 オーディオ録音」の新設

2「第13節 CDグラフィックス等」の新設

3「第14節 カラオケ用ICメモリーカード」の新設





以下、申請した規程の内容の一部(第13節)です。
11月25日文化庁長官に届出。2006年1月1日より実施


第13 節 CDグラフィックス等
音声と共に歌詞や楽譜がディスプレイに表示されるCD、
フロッピーディスク、ハードディスク、フラッシュメモリー等
(以下本節において「CDグラフィックス等」という。)に
著作物を利用する場合のCDグラフィックス等1 枚(本)あたり
5 分未満の著作物1 曲の使用料は、次により算出した金額に、
消費税相当を加算した額とする。


1 市販用のCDグラフィックス等


(1)定価の明示のあるもの

CDグラフィックス等に著作物を利用する場合の使用料は、
著作物1 曲につき当該CDグラフィックス等の定価
(消費税を含まないもの)の6%をそのCDグラフィックス等に
含まれている著作物数で除して得た額又は11 円のいずれか
多い額以内とする。


(2)定価の明示のないもの

CDグラフィックス等に著作物を利用する場合の使用料は、
著作物1 曲につき11 円以内とする。


2 その他のCDグラフィックス等


1 による場合のほか、CDグラフィックス等に著作物を利用する場合の
使用料は、著作物1 曲につき600 円をCDグラフィックス等の
複製枚(本)数で除して得た額又は11 円のいずれか多い額以内とする。


(CDグラフィックス等の備考)

5 分以上の著作物については、5 分までを超えるごとに1 曲として
著作物数を計算する。
CDグラフィックス等の利用のうち、著作物の利用の態様に鑑み
本規定により難い場合の使用料は、利用者と協議のうえ、
本規定の率又は額の範囲内で決定する。



written by ootsukahoumu at 16:37│Comments(0)TrackBack(0)音楽配信事業 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔