Tweet

2005年12月07日

「瀧口修造1958旅する眼差し」展(慶応大学日吉キャンパス)

瀧口修造1958旅する眼差し」展覧会が慶応義塾大学
日吉キャンパス来往舎1階ギャラリーで開催中です(入場無料)。

これは慶應義塾大学には滝口修造のコレクションがあり
そのコレクションを基にした企画展。
展覧会では瀧口修造が1958年のヴェネチア・ビエンナーレをきっかけにして
行ったヨーロッパ旅行を取り上げています。

版画家浜口陽三からの年賀状や旅行中に瀧口修造が夫人に宛てて
送った葉書など瀧口修造の人となりに接することができる品々が
展示されています。

入場無料、しかもとても作りのいい小冊子も入口で無料で配布されています。
収蔵作品の研究に対して文部科学省の私学助成があるようですが、
それにしても気合が入っています。

瀧口修造ファンなら見逃せない企画展です。
12月5日(月)〜16日(金)
11:00〜17:00(日曜休館)


慶應義塾大学アート・センター

日吉キャンパスの銀杏並木がとても綺麗に色付いていました。


来往舎瀧口







慶應イチョウあ慶應イチョウい
written by ootsukahoumu at 06:34│Comments(6)TrackBack(0)美術・音楽・芸術全般 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Jマス   2005年12月07日 13:13
5 まあ。滝口修造ですか、いきたいです。
それにしても大さんは凄い視野が広いですね、
ステキな情報ありがとうございます。
2. Posted by 大塚   2005年12月07日 15:32
Jマスさま

私も美術・建築好きの知人から教えてもらって
行って参りました。

瀧口修造は叔父が交流をもっていたことから
以前から関心がありました。

今年の世田谷美術館での瀧口修造展は
ちょっとしたものでしたネ。
3. Posted by うるるん   2005年12月11日 00:59
日曜休館となると
もう行けないですね(><)
今日しかチャンスがなかったんだ(^^;

存じ上げなかったのですが、版画に興味あるし
前に住んでた家の近くなので機会があれば行きたかった(^^;

残念。
4. Posted by 大塚   2005年12月11日 10:16
うるうんさま

日吉のご近所にお住まいでしたか。

会期が短いのがとても残念です。
日吉キャンパスのイチョウ並木も見事だし
ちょうどいい機会でしたが、残念ですね!
5. Posted by kumakuma   2005年12月24日 21:09
慶応のイチョウ並木、懐かしいです!
子供のころ、日吉に住んでいたので、慶応キャンパスは遊び場でした。
6. Posted by 大塚   2005年12月24日 21:17
kumakumaさま

慶應の日吉キャンパスは
羨ましいくらいのロケーションですね。

慶應に入って慶應ボーイに
なりたいなあ(←古いかな・・・)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔