Tweet

2005年08月21日

新刊案内 「川端博対談集 現代刑法理論の現状と課題」(成文堂)

刑事法学 明治大学教授川端博先生と9名の刑法学者の方々との対談集が刊行されました。
生命倫理、構成要件論、被害者の承諾、正当防衛論、緊急避難論、結果的加重犯論、
中止犯論、共犯論、罪数論
と、刑法総論上の主要論点が網羅されています。

初出は月刊誌「現代刑事法」(立花書房)連載のものですが、
「現代刑事法」は惜しまれながらも休刊となっています。

昨年還暦を迎えられた川端先生は、今年は放送大学客員教授として前期に授業を行われました。
益々ご活躍のところでございます。

成文堂の編集担当の方のお話ですと、読みやすい段組、扱いやすい装丁を心がけたとか。
本書をこれから熟読玩味したいと思います。



現代刑法理論の現状と課題―川端博対談集



(株)成文堂 出版部
written by ootsukahoumu at 14:47│Comments(0)TrackBack(0)行政書士・法令関係 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔